【16日の東京株式市場】
▽東証1部
 日経平均株価 1万9095.24(-192.04)
 TOPIX 1530.64(-14.25)
 値上がり323/値下がり1601/変わらず80
 出来高14億6955万株/売買代金1兆8872億円
▽その他の指数/為替
 JPX日経400 1万3716.75(-126.11)
 東証マザーズ指数 972.02(-6.34)
 ジャスダック平均 2797.16(-6.14)
 円相場1ドル=114.09/1ユーロ=121.09(午後5時)

【上昇銘柄】
▽フリュー <6238>  4505 +510
 ストップ高に昨年来高値。株式分割や株主優待制度導入を好感
▽日本通信 <9424>  182 +13
 欧州通信事業者BICSと「フルMVNO」で合意
▽TSIHD <3608>  800 +54
 上限200万株の自己株式取得を発表
▽メガネスーパー <3318>  88 +19
 昨年来高値。メガネ型ウェアラブル端末を「ウェアラブルEXPO」で展示
▽Gunosy <6047>  2000 +400
 ストップ高に昨年来高値。17年5月期業績予想の上方修正を好感
▽ユークス <4334>  948 +150
 ストップ高。「AR performers」がエイベックス所属でデビュー
▽KG情報 <2408>  640 +100
 ストップ高に昨年来高値。17年12月期の増益予想や大幅増配計画が刺激に
▽サイバーS <3810>  535 +80
 ストップ高。17年5月期第2四半期の営業益予想を上方修正
▽プラズマ <6668>  1066 +150
 ストップ高に昨年来高値。17年8月期業績予想の増額を好感
▽ベイカレント <6532>  1086 +150
 ストップ高。配当政策変更で17年2月期に配当30円を実施へ
▽IGポート <3791>  1906 +249
 昨年来高値。17年5月期第2四半期の大幅増益達成を好感
▽メディア <3815>  591 +57
 一時ストップ高。17年8月期第1四半期の最終黒字転換を買い材料視

【下落銘柄】
▽新日鉄住金 <5401>  2558 -110.5
 火災発生した大分製鉄所の供給再開は9月と発表
▽古野電 <6814>  778 -101
 17年2月期第3四半期は減収減益、純利益は3割減
▽タカタ <7312>  949 -112
 米司法省と正式に和解、エアバッグ問題前進も材料出尽くし感
▽いちご <2337>  422 -36
 17年2月期第3四半期は大幅増収増益に高進ちょく率も通期予想据え置き
▽日立工 <6581>  1398 -110
 KKR傘下の米ファンドによるTOB価格870円を売り材料視
▽OSG <6136>  2265 -151
 17年11月期は増収増益予想も減配計画を嫌気
▽日本郵政 <6178>  1408 -72
 財務省が17年夏以降に追加売却と報道
▽日本色材 <4920>  1021 -278
 17年2月期業績予想を引き上げも利益確定売り優勢に
▽ウエストHD <1407>  763 -98
 17年8月期第1四半期は赤字転落

※株価は前営業日終値比(イメージ写真提供:123RF)