15日(土)に複数の英紙が、EU加盟国の間で移民流入規制の権限を英国に認める方針が定まらない場合はEUの関税同盟と単一市場から撤退する用意があると、メイ首相は17日の演説で表明すると伝えた。これを受けてポンド/円は、週明け16日のオセアニア市場で急落。東京市場では前週末の終値から3円近く安い136.80円前後まで下値を切り下げる場面があった。いわゆる「ハード・ブレグジット」への警戒感が高まっており、明日17・・・・

続きを読む