環境管理センター <4657> は反発し、一時68円高(14.62%高)の533円と急伸した。エンバイオ・ホールディングス <6092> 、ダイセキ環境ソリューション <1712> などもしっかり。14日、豊洲市場の地下水モニタリングの最終調査で、201カ所の調査地点のうち72カ所で有害物質が環境基準を上回り、ベンゼンは最大で基準値の79倍が検出されたと報道。追加調査が行われる予定で土壌調査関連銘柄に思惑買いが流入した。(イメージ写真提供:123RF)