ドル円はトランプ氏の会見を受けて116円台後半から一気に売られ、114円24銭をつける。会見では財政など具体的な言及がなかったことが失望の売りを誘った。その後は株価が上昇し、原油価格も大幅に上昇したことから115円台半ばまで戻して引ける。ユーロドルも朝方は売られていたものの、会見後には1.0623まで買い戻しが進む。

 株式市場は会見直後売られたもののその後切り返し、ダウは98ドル高。エ・・・・

続きを読む