【10日の東京株式市場】
▽東証1部
 日経平均株価 1万9301.44(-152.89)
 TOPIX 1542.31(-11.01)
 値上がり758/値下がり1131/変わらず115
 出来高18億9467万株/売買代金2兆5992億円
▽その他の指数/為替
 JPX日経400 1万3816.61(-111.88)
 東証マザーズ指数 986.86(+5.85)
 ジャスダック平均 2808.51(+16.13)
 円相場1ドル=115.83/1ユーロ=122.76(午後5時)

【上昇銘柄】
▽光村印 <7916>  264 +40
 昨年来高値。19年から新元号とする方向で検討入りと報道に思惑買い
▽大塚HD <4578>  5668 +455
 昨年来高値。ミツミ <6767> の上場廃止に伴い日経平均構成銘柄に採用
▽ID <4709>  1247 +65
 昨年来高値。米セキオン社と日本における独占販売契約を締結
▽エコス <7520>  1397 +65
 17年2月期の配当予想を上方修正
▽福島工 <6420>  3570 +160
 日本企業が脱フロンの動きと伝わり連想買い
▽ローム <6963>  7250 +270
 昨年来高値。故障検知する機能搭載した車の液晶向けチップセット開発と報道
▽リミックス <3825>  224 +50
 ストップ高。仮想通貨の大口OTC取引サービス強化
▽MBS <1401>  4700 +700
 ストップ高に昨年来高値。17年5月期第2四半期の業績予想を上方修正
▽チェンジ <3962>  5290 +705
 ストップ高。羽田空港でのロボット導入実証事業開始を発表
▽TBASE <3415>  2421 +263
 17年2月期業績予想を上方修正

【下落銘柄】
▽ヤマトHD <9064>  2419.5 -83
 17年3月期第3四半期は営業益1割減と報道
▽東宝 <9602>  3300 -75
 17年2月期第3四半期は営業益24%増の400億円前後と報道も織り込み済み
▽みちのく銀 <8350>  200 -27
 公募増資や売り出しで需給関係の悪化を警戒
▽エプソン <6724>  2346 -206
 日経平均構成銘柄への採用期待がはく落との見方
▽島忠 <8184>  2826 -194
 17年8月期第1四半期は2ケタ減益
▽ダイセキ <9793>  2298 -137
 17年2月期業績予想を下方修正
▽スギHD <7649>  5400 -280
 17年2月期業績予想の引き下げで減益予想に転じる

※株価は前営業日終値比(イメージ写真提供:123RF)