兼房 <5984> は一時74円高(10.67%高)の767円と急伸し、連日で昨年来高値を更新した。自動車エンジン部品の駆動時の摩擦を最大10分の1に減らすことができる工具を開発したと5日付日刊工業新聞が伝え、買い材料視されたようだ。名城大学と共同で開発したという。摩擦によるエネルギー損失を抑えることで自動車の燃費向上が期待できる。(イメージ写真提供:123RF)