ドル円は良好な中国のPMIを受けて118円台に乗せ、118円60銭まで上昇したものの、その後失速。原油価格が下がり、金利も低下したことで117円22銭まで売られ、117円70銭近辺で取引を終える。ユーロドルもドル上昇に伴い、1.0340辺りまで売られた後反発し、1.04台半ばまで戻す。

 経済指標を受け株価は大きく上昇したものの、原油価格の下落に伴い上げ幅を縮小。ダウは119ドル上昇し、・・・・

続きを読む