グエン・スアン・フック首相は12月28日、12月度の政府定例会合で2016年の経済社会状況の分析・評価と2017年の任務達成に向けた方策を検討することの重要性を強調した。

  グエン・チー・ズン計画投資相が、2016年の国家予算と経済社会発展計画に関する政府決議第1号の実施状況を報告。その後にブオン・ディン・フエ副首相が、2017年の国家予算と経済社会発展計画実施における主な任務や方策に関する政府決議草案を説明した。

  草案は2017年の目標として、◇発展の土台となるマクロ経済の安定、◇成長のための経済構造の転換及び3つの戦略の推進、◇持続可能な発展、行政改革の推進、汚職や浪費の防止強化、国民や企業に奉仕する現代的な行政の実現を挙げ、具体的な数字としては、国内総生産(GDP)成長率+6.7%とインフレ率+4%を提示している。

  フエ副首相はまた、2016~2017年期の国の競争力向上と経営環境改善のための主な方策及び2020年までの方針に関する政府決議第19号の実施状況を報告した。決議に示された経営環境に関するほとんどの指標が改善したが、他の国でも改善が急速に進んでいるとして、更なる努力が必要だと強調した。(情報提供:VERAC)