昨日のドル/円は小幅に上昇したが、ホリデームードが残る中で上値は限られた。本日は豪州や英国なども連休から復帰するため、形の上ではクリスマス休暇明けとなる。とはいえ、年末年始の長期休暇中のプレーヤーが少なくない上に、残された投資家も決算期末に絡んでポジションを動かしにくいタイミングだろう。

 主要国の株価や米長期金利なども、同じ理由から大きく動きそうにない事を踏まえると、ドル/円は117円台でのもみ合いが続く公算が大きい。ただ、本日はスポット応答日が年内最終日となるため、東京仲値(09:55)やロンドンフィキシング(25:00)などの前後で急変動が起きやすい点には注意が必要だろう。

 本日の予想レンジ:117.000-117.900円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)