金は上昇。ドルが下げに転じたことなどを受け反発したものの、週間ベースでは7週連続の下落。これは過去12年間で最長となる。
現在は1135.00ドル付近での推移となっている。(11時27分現在)

原油は上昇。OPECの減産合意が好感されている。一方リビア最大の石油積み出し港から約2年ぶりの原油輸出がされたことから、増産への懸念が高まっており、警戒感が漂っている。
現在は53.12ドル付近での推移となっている。(11時29分現在)

【本日の主な経済指標】
01:00 米国USDA・週間穀物輸出検証高-大豆(万トン)
01:00 米国USDA・週間穀物輸出検証高-小麦(万トン)
01:00 米国USDA・週間穀物輸出検証高-トウモロコシ(万トン)  
(情報提供:東岳証券)