プラネット <2391> は後場急伸。午後0時40分に254円高(13.91%高)の2080円を付けた。29日正午すぎ、ヤマトホールディングス <9064> 、ソフト開発のシノジャパン(東京都港区)および中国最大の港湾運営会社である上海国際港務とともに、中国で越境流通プラットフォーム事業を展開する合弁会社を設立すると発表した。出資比率は上海国際港務とシノジャパンが各30%、プラネットとヤマトHDは各20%。プラネットは中国の小売事業者やECサイト出店事業者と日本のメーカーや卸売業を結ぶ受発注・在庫・販売実績の越境EDIシステムの構築・運営管理を行う。(イメージ写真提供:123RF)