ドル円の上昇は一服。長期金利が低下したことや株価の下落に伴いドル円は112円台後半から反落し、111円90銭前後までドル安に。ユーロドルは1.05を中心にもみ合い。106台前半まで買われたが、ドルが売られた割にはユーロ買いは続かず。株式市場は反落。大統領選後、3週間にわたって株価の上昇を牽引してきた金融株が売られた。ダウは54ドル下落したが原油価格の上昇が下支えに。債券相場は反発したが勢いはなく、売り方の買・・・・

続きを読む