企業向けデジタルマーケティングのデジタルアイデンティティ <6533> (東マ)に注目したい。16年12期連結業績は大幅増収増益予想である。第3四半期累計の進捗率が高水準であり、通期予想に増額余地がありそうだ。株価は16年9月IPO後の売りが一巡し、好業績を評価して戻りを試す展開が期待される。

 11月11日発表した16年12月期第3四半期累計(1~9月)連結業績は売上高が35億58百万円、営業利益が2億23百万円、経常利益が2億18百万円、純利益が1億44百万円だった。運用型広告サービスなど主力のデジタルマーケティング事業で、既存顧客からの受注増額や新規顧客の獲得が順調に推移した。

 16年12月期通期の連結業績予想は売上高が15年12月期比23.9%増の44億67百万円、営業利益が同3.1倍の2億52百万円、経常利益が同3.2倍の2億50百万円、純利益が同4.2倍の1億67百万円としている。通期予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が79.7%、営業利益が88.5%、経常利益が87.2%、純利益が86.2%と高水準である。通期予想に増額余地がありそうだ。

 株価(16年9月新規上場)は、IPO人気が一巡して初値2900円を割り込み、概ね2500円~2800円近辺でモミ合う展開だ。ただし日足チャートで見ると、第3四半期累計業績を好感する形で25日移動平均線突破の動きを強めている。IPO後の売りが一巡し、好業績を評価して戻りを試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)