データセクション <3905> は一時急伸し、41円高(5.84%高)の743円を付けた。17日、大和ハウス工業 <1925> グループのフレームワークスとの共同研究開始を発表した。AI(人工知能)とデータを活用した次世代型物流事業の構築を目指す。先端デバイス活用で収集された様々な物流業務のビッグデータなどを活用し、属人業務を排除し、労働集約業務の効率化やロボットへの業務移管が可能となる状況を提供する。(イメージ写真提供:123RF)