コスモ・バイオ <3386> は3営業日ぶりに反発し、一時70円高(5.60%高)の1318円と急伸した。15日、英アクソル社が提供する全製品について、日本国内における独占販売代理店契約を締結したと発表した。

 アクソル社は研究用ヒトiPS細胞由来の神経前駆細胞や心筋細胞などを製造・販売している。ドナーから提供された細胞の数には限りがあり、大規模なスクリーニング実験などには不向きだが、iPS細胞から研究用の細胞を作製する場合、同じ品質の細胞を大量に作製できるため研究に使用しやすい。コスモバイオはこれまでもアクソル社製品の国内販売を展開していたが、学術研究向けをはじめ、製薬会社などの民間企業向けにもヒトiPS細胞由来製品を販売していく。(イメージ写真提供:123RF)