住江織物 <3501> は反発し、一時42円高(19.53%高)の257円と急伸した。15日、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」において、住江織が開発した「光で発電する糸」が紹介された。3月にも一部で太陽光発電できる繊維を開発したと伝えられ、株価は急騰していた。

 なお、住江織が前日に発表した17年5月期第1四半期の決算では、営業赤字2億4100万円(前年同期は1億9900万円の黒字)となった。業績予想は据え置いており、第2四半期では5700万円の営業赤字(前年同期は12億8600万円の黒字)を見込んでいる。(イメージ写真提供:123RF)