14日の金は続落。XAUUSDの終値は1220.40ドル。米大統領選挙当日には一時1337.05ドルを付けたが100ドル以上下落した。金融当局が12月にも利上げを実施するとの観測から、ドルが上昇したことが背景。

 14日のニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が続落し、8週間ぶり安値。CL_の終値は43.66ドル。イランの増産を嫌気した売りが出た。ドルが2月以来の高値に上昇したことも、売りを加速させた。(情報提供:東岳証券)