フェニックスバイオ <6190> は急反落し、9日の上場来安値を更新。一時465円安(23.25%安)の1535円を付けた。14日引け後に17年3月期業績予想を下方修正し、営業利益を3億5400万円から2億300万円(前期比6.8%増)に引き下げた。想定為替レートを1ドル=105円(従来は110円)に変更したため売上高が減少する見込み。

 なお、第2四半期の営業利益は2600万円だった。抗B型肝炎薬の受託試験で製薬企業の都合により一部試験開始が遅れたこと、アカデミアおよび公的研究機関への抗B型肝炎創薬に関する科学研究費補助金が当初の見込みを下回ったことが響いた。(イメージ写真提供:123RF)