新報国製鉄 <5542> は続急落し、前場に一時ストップ安寸前となる299円安(19.94%安)の1200円を付けた。11日引け後に発表した16年12月期業績予想の下方修正が売り材料視された。営業利益を9億8000万円から9億円(前期比56.3%増)に見直した。低熱膨張合金の納期先送りが見込まれるほか、原油価格の回復が想定より遅れていることでシームレスパイプ用工具も減少する見通し。第3四半期の営業利益は前年同期比2.5倍の7億7200万円だった。(イメージ写真提供:123RF)