11日の金は大幅に続落。XAUUSDの終値は1228.00ドル。トランプ次期米政権発足後の米金融政策と金利軌道の行方に市場は注目している。12月利上げの確率は84%と、1週間前の76%から上昇し、これが金の重しになった。

 11日のニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が大幅続落し、ほぼ2か月ぶり安値。CL_の終値は43.37ドル。サウジアラビアの産油量が過去最高に近いことに加え、イランとイラクも増産したことが明らかになり、石油輸出国機構は増産合意の詳細をまとめられないとの悲観が広がった。(情報提供:東岳証券)