債券運用で長期にわたって優れた成績を残している米ルーミス・セイレス社の副会長でグローバル投資コミッティー会長のダニエル・J.ファス氏(写真)は、予想外の結果となった米大統領選挙を受け、「従来以上に慎重な姿勢をとって、状況の変化を見極めたい」と語った。特に、米FRB、日銀、欧ECBなど各国中央銀行の政策協調が重要な意味を持つ環境の中で、「米国政府の政策に、どれほどの国が理解を示すのか? また、その政府間関係を・・・・

続きを読む