日本通信 <9424> は寄り付きからプラス圏で底堅く推移していたが、8日午前10時に発表した17年3月期第2四半期の決算を受けて下げに転じ、一時5円安(3.03%安)の160円を付けた。売上高は前年同期比42.3%減の13億8200万円となり、営業赤字は6億1200万円(前年同期は1億4300万円の赤字)に拡大した。通期の営業利益予想2億6000万円(前期は19億9700万円の赤字)などは据え置いたが、未定としていた配当は見送る方針とした。(イメージ写真提供:123RF)