ヒラノテクシード <6245> は4営業日ぶりに反発し、朝方に一時130円高(13.75%高)の1075円と急伸した。4日引け後に発表した17年3月期利益予想や配当計画の上方修正が好感された。営業利益を第2四半期で2億8000万円から5億100万円(前年同期比94.2%増)、通期で14億5000万円から19億9500万円(前期比2.3%増)に上積み。配当は第2四半期末・期末ともに10円から12円に引き上げ、年間24円(前期は20円)とした。生産性向上によるコストダウンの効果から原価率が低減した。(イメージ写真提供:123RF)