ドル円は非農業部門雇用者数が予想を下回ったものの、平金賃金が伸びていたことを好感し上昇。103円30銭まで買われ、上値は重かったものの103円台を維持して越週。ユーロドルは1,1143まで続伸したが、雇用統計が12月利上げを後押しするとの見方から1.1080まで売られた。

 株式市場は続落。今週の大統領選が意識され、不透明感から売られた。S&P500は9営業日続落し、1980年以降で最長・・・・

続きを読む