本日、豪準備銀行(RBA)は予想通りに政策金利を1.50%に据え置いた。同時に発表した声明では、低インフレよりも住宅市場の加熱にやや懸念を示しており、追加利下げに前向きな姿勢は見えなかった。豪州の金利スワップ市場における12月利下げの確率は1割未満に低下しており、来年の3月時点でも2割に届かない。

 また、本日発表された中国10月製造業PMIは、大企業・中小企業ともに2年超ぶりの水準に改・・・・

続きを読む