ドル円はGDP速報値が2.9%だったことで上昇し、105円54銭までドル高が進む。その後、FBIがクリントン大統領候補のメール問題を再調査するとの報道でドルが急落し104円台半ばまで売られる。ユーロドルは緩やかに続伸。1.0992まで買われ、1週間ぶりのユーロ高水準に。

 株式市場は、朝方は上昇したもののクリントン候補のメール問題で反落。ダウは8ドル下げ、その他の指数も揃って下落。債券相・・・・

続きを読む