北京市で実施している「省エネ補助金」を全国に適用すれば、特に農村部で大きな効果が期待されるだろう――。大和総研経済調査部の主席研究員 齋藤尚登氏は10月26日、「全国展開してこそ意味がある省エネ補助金政策」と題するレポート(全1ページ)を発表した。レポートの要旨は以下のとおり。

 北京市は2016年11月末までの1年間の期間限定で、省エネ・省資源・排出削減商品に対する補助金政策を実施して・・・・

続きを読む