グエン・スアン・フック首相は20日、第14期(2016~2021年)第2回国会で経済社会発展計画の2016年実施状況及び2017年目標について報告し、この中で2017年の国内総生産(GDP)成長率を+6.7%とする方針を明らかにした。

  他の主要な目標について、同年の消費者物価指数(CPI)上昇率は+4.0%、輸出額成長率は+6.0~7.0%、貿易赤字額は輸出額の約3.5%、財政赤字対GDP比は3.5%以下となっている。目標達成に向けて、中小企業支援法を策定し中小企業向けの銀行保証に関する規制を見直すなど、ビジネス環境の改善に注力していく計画だ。

  なお、2016年年初9か月のGDP成長率は+5.93%に留まった。2016年通年のGDP成長率は+6.3~6.5%の見通しで、当初計画の+6.7%を下回ることになりそうだ。(情報提供:VERAC)