駐ベルギー・EUベトナム商務部によると、ベトナムと欧州連合(EU)間のパートナーシップ協力協定(PCA)がEU各国の国会での批准を経て10月1日に正式に発効したという。

  ベトナムとEUは2012年6月27日、ベルギーの首都ブリュッセルでPCAに調印した。PCAの発効により、技術、エネルギー、交通、教育、農林水産などの分野におけるベトナムとEU間の協力関係の強化や、一般特恵関税制度(GSP)の適用などが期待されている。

  商工省によると、2015年におけるベトナムからEUへの輸出総額は約300億EUR(約3兆4630億円)に達した。同年末時点におけるEUの海外直接投資(FDI)案件は1700件で、その認可総額は214億8000万USD(約2兆2100億円)だった。(情報提供:VERAC)