鹿島建設株式会社(東京都港区)は、ベトナムで不動産開発事業を展開するため、アジア統括現地法人カジマ・オーバーシーズ・アジア(KOA、シンガポール)傘下に地場デベロッパーのインドチャイナ・キャピタル(Indochina Capital)との開発合弁会社「インドチャイナ・カジマ・デベロップメント(Indochina Kajima Development)」を設立する。

  鹿島は、ハノイ市やホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン市で豊富な開発実績を有するインドチャイナ・キャピタルをパートナーとして、ベトナムでの不動産開発事業を推進していく。

  インドチャイナ・カジマ・デベロップメントは、ハノイ市に本社を置き、不動産開発及びアセットマネジメントを手掛ける。設立は10月の予定。今後、同合弁会社を事業基盤として、ホテルやサービスアパートメント、住宅、オフィスなどの開発を中心に積極的な事業展開を図る。

  また、KOAは5月、ベトナムにおける不動産開発や運営ノウハウを獲得するため、インドチャイナ・キャピタルの開発物件で、ダナン市唯一のAクラスオフィスと商業施設の複合施設「リバーサイドタワー・コマーシャルセンター」を取得している。(情報提供:VERAC)