駐オーストラリア・ベトナム商務部によると、オーストラリアがベトナム産マンゴーの輸入を正式に認可したという。同国への輸出が許可されたベトナム産の果物は、ライチに次いで2種類目となる。

  ベトナムは、2009年からオーストラリアへのマンゴー輸出許可を申請していた。9年間に及ぶ交渉を経て、ようやくベトナム産マンゴーの同国向け輸出が可能となった。1日あたりの輸出量は約18tの見込み。今月中にも国産マンゴーが初めて同国へ輸出される見通しだ。

  これに先立ち、オーストラリアの農業・水資源省は5月、ベトナム産マンゴーの輸入に関する16の条件を公表した。オーストラリアにベトナム産マンゴーを輸出する各業者は、これらの厳しい条件を遵守しなければならない。(情報提供:VERAC)