英ブランドコンサルティング会社のブランド・ファイナンス社(Brand Finance)はこのほど、ベトナム企業のブランド力を数値化したランキング「ベトナムで最も価値のあるブランドトップ50」2016年版を発表した。同ランキングで、ビナミルク[VNM](Vinamilk)が前年に続いて第1位となった。同社のブランド価値は前年比▲11.2%減の10億1000万USD(約1040億円)。

  ブランド・ファイナンス社がベトナムのブランド価値ランキングを発表したのは今回が2回目。同ランキングは、◇製品価値の増加可能性、◇顧客の購入決定への影響度、◇ブランド構築コスト、◇株式市場の時価総額、◇収益可能性の各指標をUSDに換算し、ランク付けしたもの。

  ベトナムのブランド価値トップ10は以下の通り。カッコ内はUSD換算したブランド価値。

1位:ビナミルク(10億1000万USD=約1040億円)
2位:ベトテル・テレコム(Viettel Telecom)(9億7300万USD=約1000億円)
3位:ペトロベトナムグループ(Vietnam National Oil and Gas Group=PVN)(5億6400万USD=約580億円)
4位:モビフォン(Mobifone)(5億3900万USD=約560億円)
5位:ビンホームズ(Vinhomes)(5億1100万USD=約526億円)
6位:サイゴンビール・アルコール飲料総公社[SABECO](サベコ)(3億6900万USD=約380億円)
7位:マサンインベストメントグループ[MSN](Masan Group)(3億0500万USD=約314億円)
8位:FPT情報通信[FPT](FPT Holdings)(3億0200万USD=約310億円)
9位:ビナフォン(Vinaphone)(2億8200万USD=約290億円)
10位:ヴィエティンバンク[CTG](Vietinbank)(2億4900万USD=約256億円)

  トップ50の価値総額の合計は前年比+39%増の72億6000万USD(約7480億円)だった。1ブランドの価値の平均伸び率は+20%で、他の東南アジア諸国を大きく上回っている。他国の平均伸び率は、シンガポールが+1%に留まったほか、マレーシアとインドネシアがそれぞれ▲6%、▲10%のマイナスとなった。(情報提供:VERAC)