商工省によると、ベトナムとユーラシア経済連合(EAEU)間の自由貿易協定(VN-EAEU FTA)が10月5日に発効するという。ユーラシア経済連合にとって、自由貿易協定を結ぶのはベトナムが初めて。同FTAが発効すれば、国内企業にとって輸出増加のチャンスとなる見通しだ。

  ベトナムとユーラシア経済連合は2013年3月に交渉を開始し、2年の交渉期間を経て2015年5月29日に正式署名に漕ぎ着けた。商工省はこのほど、各国国会の批准手続きが終わったことを明らかにした。

  同FTAの発効により、ベトナムとユーラシア経済連合はそれぞれの国内市場の9割を開放する。具体的に、ベトナムは牛乳や乳製品などの畜産物、穀物製品などの農産物、機械設備、車両などに対する輸入関税率を段階的に引き下げる。一方、ユーラシア経済連合は、水産物、農産物、縫製品、皮革・履物製品、木材製品などの関税を引き下げる。

  関税の引き下げにより、双方の貿易額は2014年の40億USD(約4000億円)から2020年には2.5~3倍の100億~120億USD(約1兆~1兆2000億円)に増加する見込みとなっている。(情報提供:VERAC)