グエン・スアン・フック首相がホーチミン市2区と東南部地方ドンナイ省ニョンチャック郡を結ぶカットライ橋建設案件を承認したことを受けて、このところ同郡の地価が急上昇しているという。

  地元紙VNエクスプレスの調査によると、この1年間にニョンチャック郡の11の村で地価上昇が進行し、不動産市場が活性化している。同郡では過去12か月間に、プロジェクト用地から宅地、農地に至るまで地価が+25~50%上昇した。

  特に、カットライ橋建設案件が承認されたことで、この数週間はホーチミン市や東南部地方ビンズオン省などから土地を求めて同郡を訪れる投資家も多く、地価は地域によって2か月前と比べて+20%上昇しているという。

  一方専門家は、ニョンチャック郡の地価上昇について、開発業者の不動産販売価格は上がっているものの、投資家の転売価格はあまり上昇していないとコメントした。また、カットライ橋建設案件の実施には長い時間を要するため、短中期向けの投資には慎重を期すよう警告している。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)