空調総合メーカーのダイキン工業株式会社(大阪市北区)は、紅河デルタ地方フンイエン省第2タンロン工業団地内にベトナム初の生産拠点を設立する。新工場では住宅用 エアコンを生産する計画で、2018年4月から稼動を開始する予定。投資額は約100億円。

  同社は現在、タイ、マレーシア、インドに生産拠点を構えてアジア地域の各国に製品を供給しているが、今後アジアでの需要拡大が予想されることから、新たな生産拠点の検討が課題となっていた。

  特にベトナムは、著しい経済発展と中間層の増加により住宅用エアコンを中心に空調機の需要が拡大しており、アジア最大級の空調市場に成長している。こうした中、ベトナムに新工場を建設し現地生産を行うことで製品供給力を強化し、事業展開を更に加速する。(情報提供:VERAC)