東洋電機製造 <6505> は続急伸し、一時40円高(15.20%高)の303円を付けた。12日引け後、株式併合と単元株式数の変更を発表した。普通株式5株を1株に併合するが、単元株式数を1000株から100株に引き下げる。これにより投資単位は2分の1になる。効力発生日は12月1日。

 同時に17年5月期の業績予想も開示している。営業利益は19億円(前期比15.9%増)を予想。配当は期末一括で6円(前期も6円)を計画した。14年7月に開示した中期経営計画では30億円を目指していたが、これも修正している。18年5月期では営業利益24億円を見込んだ。(イメージ写真提供:123RF)