東海カーボン <5301> は続伸。7円(2.26%)高の316円まで買われる場面があった。30日引け後、ファインカーボン事業の生産能力縮小と50人程度の希望退職者募集によるリストラ策を発表した。需給不均衡や競争激化を受け、業績改善に向けて改革が不可避だと判断した。

 ファインカーボン事業では成形と焼成工程で旧式設備を廃棄・休止し、等方性黒鉛の生産能力を年産1.1万トンから6000トンへ約45%削減する。また、不採算品目からの生産撤退により製品ラインナップを絞り込む。

 人員の削減数は全従業員数(15年12月期末時点)の約7%に相当する。加えて、今後グループ会社の契約社員など50人程度を削減していく。リストラによる業績への影響額については確定次第発表するとした。(編集:松浦直角)(イメージ写真提供:123RF)