携帯通信大手モビフォン(Mobifone)は、第4世代移動通信システム(4G)/LTE-Aサービスの実験を行い、下り(ダウンロード)最大225Mbps(メガビット毎秒)での高速通信に成功したと発表した。

  同社は4か月にわたり、200件の契約者を対象に実験を行った。実験の結果、通信速度は最大で下り225Mbps、上り(アップロード)75Mbpsに達したという。今後ハノイ市と南中部沿岸地方ダナン市で3000件、ホーチミン市で1万5000件の契約者を対象に試験展開を行う予定。

  同社は4G基地局を設置するほか、4Gサービスをベースにしたモバイルテレビなどの付加価値サービスの試験展開を行っている。(情報提供:VERAC)