2015年における中国の国内総生産(GDP)に占める第3次産業の割合は50.5%に達した。中国の経済成長に対する第3次産業の貢献度は年々大きくなっているが、中国メディアの張家口新聞網はこのほど、中国は第3次産業の発展だけでなく、やはり製造業を経済成長の柱として発展させるべきだと論じている。

 記事は中国国内には何でも米国と比較したがる人が多いと指摘し、「米国は金融を中心とした第3次産業に・・・・

続きを読む