自動車株が後場一段高となっている。22日午後1時30分、日銀が金融機関への貸し出しに対してマイナス金利適用を検討しているとブルームバーグが報じ、これを受けてドル・円が1ドル=110円台を回復。自動車メーカーなどの主力輸出関連株に買いが入った。主力では、トヨタ自動車 <7203> 、ホンダ <7267> 、富士重工業 <7270> 、マツダ <7261> 、日産自動車 <7201> などが買われている。(編集:松浦直角)(イメージ写真提供:123RF)