20日の日経平均株価は前日比179円39銭高の1万7053円83銭で寄り付き、取引時間中としては3月31日以来約3週間ぶりに1万7000円台を回復した。上げ幅を200円超に拡大する場面も見られる。欧米の株価指数が高値圏でしっかりした展開を見せ、ドル・円も1ドル=109円台前半で底堅いことから、東京市場でも買いが優勢となった。

 業種別では、海運株、保険株、その他金融株が値上がり率上位。半面、空運株、水産・農林株は上値が重い。(編集担当:宮川子平)(イメージ写真提供:123RF)