安倍首相が打ち出した“同一労働同一賃金”、確かに耳あたりのよい言葉である。しかし、“同一労働”と、ひとことで言っても、欧米と違い職務領域が、良くも悪くも曖昧な日本では、何をもって同一とするのかは難しい。そもそも、“同一労働同一賃金”というスローガンが打ち出されたのは、非正規労働者の賃金が不当に安いことが問題になったからなのである。雇用主には、都合がよく解雇できる不安定な雇用の非正規労働者こそ、割高な賃金とな・・・・

続きを読む