アスラポート・ダイニング <3069> は午前10時20分に80円ストップ高の533円を付けた。コメ卸最大手の神明ホールディングおよびアサヒグループホールディングス <2502> 傘下のアサヒビールを割当先とした第三者割当増資を発表した。神明HDとは資本業務提携も行う。新株式の発行価額は1株432円。神明HDに対しては292万6000株を、アサヒビールに対しては143万3000株を割り当て、総額で約18億7800万円を調達。神明HDはアスラポートの第2位株主に、アサヒビールは第3位株主になる見通し。調達資金はタコベルの出店費用や、神明HD傘下の元気寿司 <9828> が運営する複数ブランドをパッケージ化してフランチャイズ展開を可能にするための研究費用などに充てる。

 株式市場では、アスラポート系の東洋商事が筆頭株主の小僧寿し <9973> にも思惑買いが流入。フジタコーポレーション <3370> 、ジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA) <2538> 、ワイエスフード <3358> などへも買いが波及した。(編集担当:宮川子平)(イメージ写真提供:123RF)