ファーストコーポレーション <1430> は7営業日ぶりに急反発。朝方に150円ストップ高の1140円を付けた。16年5月期第3四半期の営業利益が前年同期から8割増の11億2000万円前後になったもようと7日付日本経済新聞が伝えた。単価の高い都心部の工事受注が増えたほか、土地購入から建設まで手掛ける開発案件も採算が改善したという。

 なお、会社側は1月の時点で通期の営業利益を15億5900万円(前期比96.2%増)と見込んでいる。(編集担当:宮川子平)(イメージ写真提供:123RF)