本日のアジア市場では中国3月財新/製造業PMI(10時45分)、米国では3月雇用統計(21時30分)や米3月ISM製造業景況指数(23時00分)など、主要な経済指標発表が多い。これらを手掛かり材料に、ドル/円は方向感を模索する動きとなろう。特に注目度の高い米雇用統計に関しては、平均時給の伸び(市場予想:前月比+0.2%)が確認できるかどうかが焦点だ。

 ただし、29日のイエレン米FRB議・・・・

続きを読む