南中部沿岸地方ビンディン省人民委員会によると、同省の漁民がベトナム海域で日本の技術により漁獲し、日本に空輸した5本のマグロ(約230kg)が22日、大阪府で競りにかけられ、1kgあたり平均1380円の高値で競り落とされた。最高価格は1kgあたり1600円。

  今回日本に出荷されたビンディン省産マグロは、日本人水産専門家から「周辺諸国で漁獲された同種のマグロよりも品質が高い」との評価を・・・・

続きを読む