日本電子 <6951> は一時急伸し、前場に28円高(5.21%高)の565円を付ける場面があった。29日、経済産業省の日本工業標準調査会標準第一部会において、和光純薬工業(大阪市)と共同で提案した「定量核磁気共鳴(qNMR)分析法に関する標準化」が「新市場創造型標準化制度」の活用対象となったと発表した。今後、日本規格協会が提案企業を含めた原案作成委員会を構成し、標準化の原案作成が行われる。原案作成後は日本工業標準調査会において審議され、国内標準(JIS)となる。

 食品中の残留農薬などの様々な化学物質の定量を行う際に利用される定量分析機器では、純度が決められた標準物質を基準とした相対定量法が用いられるが、定量NMR(qNMR)分析法は標準物質を用いずに定量値が得られる絶対定量法。標準物質の純度検定や標準物質が入手困難な場合に定量測定を行う場合に利用される。(編集担当:宮川子平)