2015年国勢調査によれば、日本の総人口が1920年の国勢調査開始以来初めて減少した。人口減少は日本の社会にどのように影響をもたらすのだろうか。中国メディアの環球網はこのほど、また日本の対策についても論じている。

 2015年国勢調査の速報値によれば、15年10月1日時点の日本の総人口は1億2711万人で2010年調査時に比べて約94万人減少した。減少の割合は1%未満だが、減少人数は和歌・・・・

続きを読む