在ベトナム日本国大使館で23日、日本政府による草の根・人間の安全保障無償資金協力「ラムドン省村落橋梁建設計画」など4案件に関する贈与契約の署名式が開催された。4案件の供与金額は合計40万6893USD(約4600万円)。

  4案件は以下の通り。

◇ラムドン省村落橋梁建設計画(南中部高原地方ラムドン省ラックズオン郡ラット村)

+供与金額:15万3688USD(約1740万円)
+実施団体:ラムドン省交通運輸局
+概要:川で遮られたニョンホア村落とニョンホイ村落を結ぶべく、ボックスカルバート型橋梁及び前後のアクセス道路を建設する。これにより、住民の安全な通行を確保するほか、大型車両の通行を可能にすることで貨物輸送能力を高めて、地方経済の活性化を図る。

◇カオバン省ティンテック小学校分校校舎建設計画(東北部地方カオバン省タックアン郡ドゥックトン村)

+供与金額:8万7300USD(約986万円)
+実施団体:ドゥックトン村人民委員会
+概要:24人の児童が通うティンテック小学校分校に校舎1棟(平屋3教室)及び教務棟1棟(平屋2部屋)を建設する。これにより、山間部の分校で学ぶ児童の学習環境及び教員の勤務環境の改善を図る。

◇ベトナム中部点字機器整備計画(南中部沿岸地方ダナン市・同クアンナム省)

+供与金額:7万8341USD(約885万円)
+実施団体:ダナン市盲人協会
+概要:ダナン市盲人協会及びクアンナム省盲人協会は点字機器がなく手作業で点字を作成している。両協会に点字プリンターやベトナム語変換ソフトなどの点字関連機器を整備することで、点字印刷にかかる時間を短縮し、視覚障害者の利便性向上を図る。

◇パーラウ村学校寄宿舎建設計画(西北部地方イエンバイ省チャムタウ郡パーラウ村)

+供与金額:8万7564USD(約989万円)
+実施団体:ワールドビジョンベトナム
+概要:パーラウ村小・中学校は未舗装の道路が続く山間部に位置し、168人の児童生徒らは校内に寄宿しているが、学校に寄宿舎がなく、教室に寝泊りする状態が続いている。小中学生用の寄宿舎(2階建て4部屋、男女別トイレ付き)及びベッドを整備することにより、寄宿する児童生徒の生活環境の改善を図る。(情報提供:VERAC)