東京市場のドル/円は、本日も実需のドル買い観測などに支えられて一時113.70円台まで上昇する堅調な展開でした。欧米市場の注目イベントを確認しておきましょう。

3/29(火)
17:00 2月ユーロ圏マネーサプライM3
18:15 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
20:00 マクチ・スロバキア中銀総裁、講演
22:00 1月米S&P/ケースシラー住宅価格指数
23:00☆3月米消費者信頼感指数
25:20☆イエレン米FRB議長、講演
26:00 米5年債入札(340億ドル)
26:00 カプラン米ダラス連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

 市場の関心は、イエレン米FRB議長の講演に集中する事になりそうです。このところ、他のFRB高官からタカ派発言が続いただけに、FRBトップの見解が注目されます。本日のドルの方向性は、この発言内容次第と言っても過言ではなさそうです(執筆:外為どっとコム 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)